綺麗な人はやっている!下まぶたを上手に使ったアイメイク法


下まぶたも使ってメイクしていますか?上まぶたにしかアイシャドウを使っていないという方、それではもったいない!下まぶたを意識することで目元はさらに華やかに、立体的に、ぱっちりとした印象になります。下まぶたにもアイシャドウを取り入れて、今持っているコスメでイマドキ感満載のメイクに挑戦してみいませんか?(AMERI*TALIKA編集部)

  • 下まぶたメイクのメリット

shutterstock_529797427

アイメイクをするとき、ほとんどの方が目力UPを目的にしていますよね。目を大きく見せるためにアイラインで囲み目メイクをしている方!そのメイク方法、少し時代遅れになってしまっているかも…

黒アイラインで囲み目メイクをすると、範囲を限定してしまい、逆に目を小さく見せてしまうんです。

アイシャドウで下まぶたにもグラデーションをつけるとメイクが濃くなりすぎず、自然に目力UP効果が!また、下まぶたがふっくらしていると優しい印象になり、くまも隠れて健康的でぱっと明るい表情に映るんです。下まぶたに重みをもたせたメイクは雑誌でも掲載が多くみられる今季のトレンド!

  • 下まぶたシャドウはつける位置がポイント

shutterstock_302146985

肌なじみのよいカラーは下まぶた全体に丸くON
明るいベージュやブラウンは目頭から目尻の涙袋ラインに丸く入れると女性らしいふんわり丸い目元を演出。イエローゴールド系肌なじみもよく、くすみも飛ばしてくれるのでとってもきれい!

はっきりカラーは目尻に向かって太めにON
チップの一番細い部分から、目尻に向かってだんだんと太く入れていくと、奥行きのあるハーフのような目元に。カラーによっては目頭の方にはのせず、黒目下から目尻に向かって太くしていくと◎

明るいハイライトカラーは目頭部分にON
上まぶたの目頭部分から下まぶたの黒目下あたりまでハイライトカラーをのせると、ぐんっと華やかさUP!目鼻立ちがよりはっきりと立体的に仕上がります。

  • 今年感を出すカラー選び

shutterstock_530532061-1

イマドキ感で選ぶなら、肌なじみの良いオレンジベージュ~赤みブラウンあたりのカラー。肌の色となじみやすく、初心者さんでも使いやすいのに、こなれ感とイマドキ感が手に入ります!腫れぼったくないのに、ぽてっとした優しくかわいらしい目元が簡単に作れますよ。

今年はカラーメイクも流行っていますが、下まぶただけならカラーも取り入れやすい!夏っぽいさわやかな印象に仕上げたいならグリーンやブルーがオススメ。明るめのピンクも下まぶたなら使いこなせます。

  • 下まぶたメイク注意点

shutterstock_284156822

アイシャドウのチップだとどうしても太くカラーがのってしまう場合は、先端が細くなっている綿棒を使うのがオススメ。目尻からのせて、目頭に近づくほど細く・淡く入れるのがきれいな仕上がりのコツ。綿棒は横にしないで縦で持って引くとより自然に色がのりますよ。
下まぶたの目頭までのせると強い印象になるカラーは黒目の真下あたりで止めます。このとき、ぶちっと終わらせるのではなく、すっと消えるよう、流すように引きましょう。


いつものメイクで毎日代わり映えしないという悩みも、下まぶたシャドウで一気に払拭!

カラーを変えるだけ、のせ方を変えるだけでも印象はがらっと変わり、毎日のメイクも楽しくなること間違いなしです。下まつげがあまりない方、上手くマスカラが塗れないからマスカラを使わないという方は特に下まぶたのアイシャドウ必須!下まつげのように目を縦に大きく丸く見せてくれる効果が期待できます!是非試してみてさいね!!


下まぶたも使ってメイクしていますか?上まぶたにしかアイシャドウを使っていないという方、それではもったいない!下まぶたを意識することで目元はさらに華やかに、立体的に、ぱっちりとした印象になります。下まぶたにもアイシャドウを取り入れて、今持っているコスメでイマドキ感満載のメイクに挑戦してみいませんか?(AMERI*TALIKA編集部)

  • 下まぶたメイクのメリット

shutterstock_529797427

アイメイクをするとき、ほとんどの方が目力UPを目的にしていますよね。目を大きく見せるためにアイラインで囲み目メイクをしている方!そのメイク方法、少し時代遅れになってしまっているかも…

黒アイラインで囲み目メイクをすると、範囲を限定してしまい、逆に目を小さく見せてしまうんです。

アイシャドウで下まぶたにもグラデーションをつけるとメイクが濃くなりすぎず、自然に目力UP効果が!また、下まぶたがふっくらしていると優しい印象になり、くまも隠れて健康的でぱっと明るい表情に映るんです。下まぶたに重みをもたせたメイクは雑誌でも掲載が多くみられる今季のトレンド!

  • 下まぶたシャドウはつける位置がポイント

shutterstock_302146985

肌なじみのよいカラーは下まぶた全体に丸くON
明るいベージュやブラウンは目頭から目尻の涙袋ラインに丸く入れると女性らしいふんわり丸い目元を演出。イエローゴールド系肌なじみもよく、くすみも飛ばしてくれるのでとってもきれい!

はっきりカラーは目尻に向かって太めにON
チップの一番細い部分から、目尻に向かってだんだんと太く入れていくと、奥行きのあるハーフのような目元に。カラーによっては目頭の方にはのせず、黒目下から目尻に向かって太くしていくと◎

明るいハイライトカラーは目頭部分にON
上まぶたの目頭部分から下まぶたの黒目下あたりまでハイライトカラーをのせると、ぐんっと華やかさUP!目鼻立ちがよりはっきりと立体的に仕上がります。

  • 今年感を出すカラー選び

shutterstock_530532061-1

イマドキ感で選ぶなら、肌なじみの良いオレンジベージュ~赤みブラウンあたりのカラー。肌の色となじみやすく、初心者さんでも使いやすいのに、こなれ感とイマドキ感が手に入ります!腫れぼったくないのに、ぽてっとした優しくかわいらしい目元が簡単に作れますよ。

今年はカラーメイクも流行っていますが、下まぶただけならカラーも取り入れやすい!夏っぽいさわやかな印象に仕上げたいならグリーンやブルーがオススメ。明るめのピンクも下まぶたなら使いこなせます。

  • 下まぶたメイク注意点

shutterstock_284156822

アイシャドウのチップだとどうしても太くカラーがのってしまう場合は、先端が細くなっている綿棒を使うのがオススメ。目尻からのせて、目頭に近づくほど細く・淡く入れるのがきれいな仕上がりのコツ。綿棒は横にしないで縦で持って引くとより自然に色がのりますよ。
下まぶたの目頭までのせると強い印象になるカラーは黒目の真下あたりで止めます。このとき、ぶちっと終わらせるのではなく、すっと消えるよう、流すように引きましょう。


いつものメイクで毎日代わり映えしないという悩みも、下まぶたシャドウで一気に払拭!

カラーを変えるだけ、のせ方を変えるだけでも印象はがらっと変わり、毎日のメイクも楽しくなること間違いなしです。下まつげがあまりない方、上手くマスカラが塗れないからマスカラを使わないという方は特に下まぶたのアイシャドウ必須!下まつげのように目を縦に大きく丸く見せてくれる効果が期待できます!是非試してみてさいね!!