整形いらず!?コンプレックスを解消錯覚メイクで、デカ目&小顔に♪


錯覚メイクとは、本来より目を大きく見せたり顔を小さく見せるなど目の錯覚を利用したメイク法。普段から使っているメイク道具でできてしまうため、ちょっと小技を知っているだけで、コンプレックスが解消できるかもしれません!そんな目からウロコの簡単錯覚メイクをご紹介します。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 錯覚メイクを効果的に!

もう少し目が大きかったらよかったのに…顔が少しでも小さくなりたい…などなど、「もう少し〇〇だったら…」なんて希望は誰でもあるはず。

女性はほとんどの方が毎日メイクをなさると思いますが、錯覚を利用すれば毎日のメイクでコンプレックスを解消したり、気にならなくすることができます。

例えば、女性なら誰もが印象的でインパクトのある大きい瞳に憧れますよね。目を大きく見せるために普段からしているそのメイクはちゃんと大きく見せることができているでしょうか?黒いアイラインを太く入れたり目を囲んでいる方も多く見られますが、実はそれではデカ目効果がなく、かえって小さく見えてしまっている可能性もあります。

  • メイクに活きる!錯覚のトリックを解説♪

錯覚にはどのようなトリックが隠されているのでしょうか。アイメイクで特に有効に使える錯覚を2つご紹介します。

〈デルブーフ錯視〉

(参考:http://www.psy.ritsumei.ac.jp/

右と左の小さい円、どちらの円が大きく見えるかというと、皆さん二重になった左の方が大きく見えますよね。

でも実は、小さい円はどちらも同じサイズ。
左の円にはもう一回り大きい円が添えられ二重になっているだけですが、同じサイズであるはずの円のサイズが大きく見えますよね。この原理は二重瞼と涙袋でアイメイクに活かすことができます。目の開いている範囲が同じでも、二重の目と一重の目だと二重の方がインパクトが大きくなりますよね。

〈ミュラー・リヤー錯視〉

(参考:http://www.psy.ritsumei.ac.jp/

さて、今度はこの2つの図、上下で長さが違って見えますが…実は横線の長さは上下で同じ。矢印で内側に範囲を限定した上図が短く見え、逆に外側に範囲を広げた下図は長く見えます。

これはアイラインに応用することができます。上下アイラインを同等に引き、いわゆる囲み目メイクにすると、目の範囲が限定されるため目が小さく濃く見え、逆に上のアイラインを長く引き、下のアイラインは引かない、もしくは一部だけ引いて範囲を限定せず開放することで、目はより幅広く大きく見せることができます。

  • アイメイクで錯覚メイク

さあ上記の2つの錯覚も含め、アイメイクでより目を大きくはっきり見せるための錯覚メイクを覚えましょう!

・二重瞼・涙袋でデカ目効果を狙う
二重で目の上を、涙袋で目の下を強調することで、デルブーフ錯視の効果で目が大きく見えます。涙袋は目頭から作ります。

・目を丸く見せたい
黒目の上部分だけアイラインをやや太く、そしてまつげも黒目の上を強調。ビューラーでまつげを上げたら、黒目上部分はロングマスカラでしっかり伸ばして強調します。

・目の幅を強調したい
切れ長の目にしたいのであれば、ミュラー・リヤー錯視を上手く使いましょう。アイラインは実際の目尻より3ミリ程度長くすっと引き、まつげは目尻を強調します。

・眉で表情が変わる
眉は顔の印象を大きく変えますよね。眉をつり眉気味に描くと、頬や顎もしゅっと引きあがったように見え、シャープな印象になります。逆に、平行もしくは下げ気味に描くと垂れ目のように見え、頬も顎も重心が下がって見えるのでフェイスラインがたぽっとして見えます。

・まゆげの濃さ
眉は太めで目との間隔を詰めると目の印象が濃くなりますが、逆に細めで目との間隔を開けて描くと寂しい印象になります。

アイラインは黒より茶
よりはっきりさせるため、黒いアイライナーを用いる方が多いですが、実はより目を大きく見せるのはブラウンのアイライナーです。ブラウンだと影のように程よくぼやけ、デルブーフ錯視とミュラー・リヤー錯視の効果を大きくします。黒のアイライナーは濃くはっきりするためきりっとした印象を与えますが、その分範囲を限定してしまいます。

  • 小顔に見せる錯覚メイク

次に、小顔に見せるための錯覚メイクを覚えましょう!

・ファンデは真ん中だけ
ファンデは自分の肌よりやや明るいものを使用なさる方が多いですよね。顔の中心からファンデを塗り、フェイスラインには塗らない・もしくは外に向かって薄く塗るとシェーディング効果で顔が小さく見えます。顔の中心だけ明るい下地を塗ったり、ハイライトを小さい範囲で使うのも〇

・唇は厚い方が小顔効果あり
唇の大きさで顔の余白部分が変わりますが薄くて小さい唇よりも、やや厚くて大きい唇の方が顔がすっきりと小さく見えます。ややオーバーリップに描いたり、グロスを使ってぷっくり厚く見せましょう。

・唇と鼻の間は短く
唇と鼻の間は短い方がバランスが良く、小顔効果も期待できます。鼻の下から唇と、唇下から顎までの距離は1:2が理想。鼻の下が長い方は、チークのついでに鼻の下に小さくチークを入ると、チークが影を作り短く見せてくれます。また、上唇山はややオーバーリップに。オーバーリップにした上唇の山部分の輪郭にハイライトを軽くのせると、オーバーリップにしても立体感が出て可愛いです!


整形をしなくても、メイクで整形級の錯覚を起こせばコンプレックス解消も夢じゃない!

いつも使っている手持ちの化粧品でできる錯覚メイクですので、ぜひ試してみてくださいね。


錯覚メイクとは、本来より目を大きく見せたり顔を小さく見せるなど目の錯覚を利用したメイク法。普段から使っているメイク道具でできてしまうため、ちょっと小技を知っているだけで、コンプレックスが解消できるかもしれません!そんな目からウロコの簡単錯覚メイクをご紹介します。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 錯覚メイクを効果的に!

もう少し目が大きかったらよかったのに…顔が少しでも小さくなりたい…などなど、「もう少し〇〇だったら…」なんて希望は誰でもあるはず。

女性はほとんどの方が毎日メイクをなさると思いますが、錯覚を利用すれば毎日のメイクでコンプレックスを解消したり、気にならなくすることができます。

例えば、女性なら誰もが印象的でインパクトのある大きい瞳に憧れますよね。目を大きく見せるために普段からしているそのメイクはちゃんと大きく見せることができているでしょうか?黒いアイラインを太く入れたり目を囲んでいる方も多く見られますが、実はそれではデカ目効果がなく、かえって小さく見えてしまっている可能性もあります。

  • メイクに活きる!錯覚のトリックを解説♪

錯覚にはどのようなトリックが隠されているのでしょうか。アイメイクで特に有効に使える錯覚を2つご紹介します。

〈デルブーフ錯視〉

(参考:http://www.psy.ritsumei.ac.jp/

右と左の小さい円、どちらの円が大きく見えるかというと、皆さん二重になった左の方が大きく見えますよね。

でも実は、小さい円はどちらも同じサイズ。
左の円にはもう一回り大きい円が添えられ二重になっているだけですが、同じサイズであるはずの円のサイズが大きく見えますよね。この原理は二重瞼と涙袋でアイメイクに活かすことができます。目の開いている範囲が同じでも、二重の目と一重の目だと二重の方がインパクトが大きくなりますよね。

〈ミュラー・リヤー錯視〉

(参考:http://www.psy.ritsumei.ac.jp/

さて、今度はこの2つの図、上下で長さが違って見えますが…実は横線の長さは上下で同じ。矢印で内側に範囲を限定した上図が短く見え、逆に外側に範囲を広げた下図は長く見えます。

これはアイラインに応用することができます。上下アイラインを同等に引き、いわゆる囲み目メイクにすると、目の範囲が限定されるため目が小さく濃く見え、逆に上のアイラインを長く引き、下のアイラインは引かない、もしくは一部だけ引いて範囲を限定せず開放することで、目はより幅広く大きく見せることができます。

  • アイメイクで錯覚メイク

さあ上記の2つの錯覚も含め、アイメイクでより目を大きくはっきり見せるための錯覚メイクを覚えましょう!

・二重瞼・涙袋でデカ目効果を狙う
二重で目の上を、涙袋で目の下を強調することで、デルブーフ錯視の効果で目が大きく見えます。涙袋は目頭から作ります。

・目を丸く見せたい
黒目の上部分だけアイラインをやや太く、そしてまつげも黒目の上を強調。ビューラーでまつげを上げたら、黒目上部分はロングマスカラでしっかり伸ばして強調します。

・目の幅を強調したい
切れ長の目にしたいのであれば、ミュラー・リヤー錯視を上手く使いましょう。アイラインは実際の目尻より3ミリ程度長くすっと引き、まつげは目尻を強調します。

・眉で表情が変わる
眉は顔の印象を大きく変えますよね。眉をつり眉気味に描くと、頬や顎もしゅっと引きあがったように見え、シャープな印象になります。逆に、平行もしくは下げ気味に描くと垂れ目のように見え、頬も顎も重心が下がって見えるのでフェイスラインがたぽっとして見えます。

・まゆげの濃さ
眉は太めで目との間隔を詰めると目の印象が濃くなりますが、逆に細めで目との間隔を開けて描くと寂しい印象になります。

アイラインは黒より茶
よりはっきりさせるため、黒いアイライナーを用いる方が多いですが、実はより目を大きく見せるのはブラウンのアイライナーです。ブラウンだと影のように程よくぼやけ、デルブーフ錯視とミュラー・リヤー錯視の効果を大きくします。黒のアイライナーは濃くはっきりするためきりっとした印象を与えますが、その分範囲を限定してしまいます。

  • 小顔に見せる錯覚メイク

次に、小顔に見せるための錯覚メイクを覚えましょう!

・ファンデは真ん中だけ
ファンデは自分の肌よりやや明るいものを使用なさる方が多いですよね。顔の中心からファンデを塗り、フェイスラインには塗らない・もしくは外に向かって薄く塗るとシェーディング効果で顔が小さく見えます。顔の中心だけ明るい下地を塗ったり、ハイライトを小さい範囲で使うのも〇

・唇は厚い方が小顔効果あり
唇の大きさで顔の余白部分が変わりますが薄くて小さい唇よりも、やや厚くて大きい唇の方が顔がすっきりと小さく見えます。ややオーバーリップに描いたり、グロスを使ってぷっくり厚く見せましょう。

・唇と鼻の間は短く
唇と鼻の間は短い方がバランスが良く、小顔効果も期待できます。鼻の下から唇と、唇下から顎までの距離は1:2が理想。鼻の下が長い方は、チークのついでに鼻の下に小さくチークを入ると、チークが影を作り短く見せてくれます。また、上唇山はややオーバーリップに。オーバーリップにした上唇の山部分の輪郭にハイライトを軽くのせると、オーバーリップにしても立体感が出て可愛いです!


整形をしなくても、メイクで整形級の錯覚を起こせばコンプレックス解消も夢じゃない!

いつも使っている手持ちの化粧品でできる錯覚メイクですので、ぜひ試してみてくださいね。