【夏後の残暑肌ケア】残暑のお肌の状態と日焼け肌への対処ケア


夏を思い切り楽しんだ後の肌は、ダメージを抱えていることをご存知ですか?「まだ見た目にはわからない」このタイミングの残暑肌からのケアが大切!このタイミングが秋肌のレベルを左右しますよ。たくさん遊んで日焼けをした肌の対処方から、秋の肌をきれいに保つための夏ダメージケア法をご紹介します。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 夏後のケアが秋肌を決める!

海にプールに、山にフェス!思い切り夏を楽しんで思い出もたくさん!ということは、…シミ予備軍も肌トラブルもたくさん…?

見た目に出ている方も、まだ見た目ではわからない方も、ひと夏を終えた肌はダメージをたくさん受けてヘトヘト状態。
日焼け止めで紫外線カットしたつもりでも、紫外線ダメージを100%回避したとは言い切れません。紫外線によってメラニンが増殖し、シミ予備軍が構成されていることに加え、紫外線を浴びた肌はお肌を守ろうと角質を分厚くしてゴワゴワしがち。また、残暑肌はインナードライに陥っていることがほとんどです。

夏はテカテカするからと普段よりやや保湿ケアを怠ったり手順を省くことがありませんでしたか?テカテカするからと保湿が不要と覆われがちな夏のお肌ですが、実は逆にとっても乾燥しやすいもの。紫外線や汗で肌水分はどんどん奪われ、インナードライになってしまうんです!

  • 日焼け肌はケア法に注意!正しいケアとは?

日焼けしちゃったー!という日、どんなケアをしていますか?
慌てて美白コスメ?ゴワゴワするからピーリング?実はどちらも間違ったケア法。

〈日焼けがひどい場合〉
しっかり焼けて赤くなって痛みのある場合は、お肌がやけど状態!水ぶくれができたりあまりにも状態がひどい場合は、冷やして皮膚科を受診しましょう。

〈ほてりのある場合〉
ほてりのみであれば、冷水でしばらく冷やし肌へ負担を一切かけないよう注意!
いろいろなケア用品を使わず、刺激のない保湿ケアに徹底します。コットンやパッティングも肌への負担になりますので、優しく手で包み込むように化粧水でたっぷり保湿し、クリームで蓋をします。化粧水がしみる場合は無理して付けず、軟膏を塗りましょう。

〈ほてりなどもあまりないうっかり日焼けの場合〉
ほてりなどもあまりなく、ただ紫外線を浴びてしまったなという場合も無駄に手を加えるのはNG。低刺激の化粧水でたっぷり保湿し、クリームで蓋をします。この時も化粧水は手で付けるのがベスト。

〈日焼け時の注意点〉
日焼けをすると、お肌のバリア機能が著しく低下するため、肌は角質層を分厚くして肌を守ろうとします。実際お肌のごわつきが気になりますが、日焼けから1週間程度は角質ケアは我慢が基本!角質ケアを早くから行ってしまうと未熟な角質がむき出しになり、さらにバリア機能を低下させてしまいます。

また、慌てて美白ケアに踏み出すのもやめましょう。
美白ケア用品の中にはターンオーバーを促進する成分が入っていることがある他、美白成分自体が刺激になり、ヒリヒリしたりかゆくなってしまうことが多いです。例えば美白に効果があると人気のビタミンC誘導体などは、皮脂の分泌を抑制する作用もあり、さらに乾燥を進めてしまうことになります。美白ケアも焦らず、肌状態が回復してからゆっくり取り入れていきましょう。まずは刺激を与えず保湿に徹することを忘れずに!

  • 残暑肌の特徴

残暑肌の状態は紫外線により角質層が分厚くなり、ごわごわしてくすみがち。

また、紫外線と冷房による乾燥で内部はカサカサ状態なものの、暑さで発汗が多く、乾燥から皮脂の分泌も増え、ベタベタして一見オイリーな状態に。全体的に免疫力が下がり、トラブルが起こりやすくなります。
残暑肌は大きく以下のポイントがあります。

  1. 毛穴の黒ずみ・開きが目立つ
  2. 皮脂の分泌が多い
  3. ごわごわしてくすむ
  4. ニキビや吹き出物ができやすい
  5. しわが増える
  6. 化粧のりが悪い
  • 秋肌をきれいに迎える!残暑肌の正しいケア法

〈日焼けから一週間以上経っているのであれば…〉
まずは角質ケアをしましょう!夏に分厚くなった角質がそのままでは、どんなケアをしてもなかなか浸透させることができません。日焼けから日が経って肌状態が落ち着いているようであれば、不要な角質を取るためのケアをプラス。刺激が気になるようであればマイルドにターンオーバーを促せるふき取り化粧水や、ピーリング効果のある洗顔などを用いましょう。日焼けして1週間以内のピーリングはNGです。

〈肌を柔らかくしてリラックス!〉
ホットタオルで毛穴を開いたり、ゆっくり湯船に使って肌をじっくり温めて柔らかくしましょう。保湿前にお肌を柔らかくすると、浸透が良くなります。先行乳液や先行美容液など肌を柔らかくするアイテムを使用するのも◎

〈化粧水での保湿はマスト!〉
たっぷりの化粧水でお肌に水分を与えましょう。日焼けしたばかりの場合は優しく手で付けます。最近日焼けをしたわけではないのであれば、ムラなく浸透させることができるコットンを使った保湿がおすすめ。この時期は特に、化粧水の2度付けをすると、よりたっぷり水分を与えられるので残暑肌改善に効果的です。一度しっかり浸透させた後、優しく手のひらで押し込み、再度化粧水を付けましょう。

〈スペシャルケアにフェイスマスクを!〉
週に1~2回程度フェイスマスクを使用するのも◎。フェイスマスクを使用するからと、化粧水をしない方が多いようですがそれはNG。化粧水であらかじめ保湿をした後にフェイスマスクを使わなくては、あまりスペシャルケアの意味はありませんよ。顔にのせておく時間はしっかり記載の時間を守りましょう。

〈「クリームで蓋」ここまでがスキンケア!〉
べたつくからとクリームを省く方が多いですが…絶対NG!どんなに念入りに化粧水で水分を補っても、ふたをしなければどんどん蒸発してしまいます。水分は乾燥している方へ移動してしまうものなので、どんなに押し込んだつもりでも水分は抜けていきます。クリームを省くと、より肌の乾燥は進んで、結果的に化粧水をつける前より乾燥します。朝晩必ず化粧水後にはクリームで蓋をしましょう。クリームにはテクスチャーが様々ありますので、好みの物を見つけてみてください!


残暑肌のお手入れこそ、秋のお肌の美しさを決めます。まだまだ10月くらいまでは紫外線も強いので、日焼け止めも忘れずに。

たくさん楽しんだ肌には相応のケアが必要。夏疲れ知らずのピンと張ったウルツヤ肌を目指しましょう!


夏を思い切り楽しんだ後の肌は、ダメージを抱えていることをご存知ですか?「まだ見た目にはわからない」このタイミングの残暑肌からのケアが大切!このタイミングが秋肌のレベルを左右しますよ。たくさん遊んで日焼けをした肌の対処方から、秋の肌をきれいに保つための夏ダメージケア法をご紹介します。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 夏後のケアが秋肌を決める!

海にプールに、山にフェス!思い切り夏を楽しんで思い出もたくさん!ということは、…シミ予備軍も肌トラブルもたくさん…?

見た目に出ている方も、まだ見た目ではわからない方も、ひと夏を終えた肌はダメージをたくさん受けてヘトヘト状態。
日焼け止めで紫外線カットしたつもりでも、紫外線ダメージを100%回避したとは言い切れません。紫外線によってメラニンが増殖し、シミ予備軍が構成されていることに加え、紫外線を浴びた肌はお肌を守ろうと角質を分厚くしてゴワゴワしがち。また、残暑肌はインナードライに陥っていることがほとんどです。

夏はテカテカするからと普段よりやや保湿ケアを怠ったり手順を省くことがありませんでしたか?テカテカするからと保湿が不要と覆われがちな夏のお肌ですが、実は逆にとっても乾燥しやすいもの。紫外線や汗で肌水分はどんどん奪われ、インナードライになってしまうんです!

  • 日焼け肌はケア法に注意!正しいケアとは?

日焼けしちゃったー!という日、どんなケアをしていますか?
慌てて美白コスメ?ゴワゴワするからピーリング?実はどちらも間違ったケア法。

〈日焼けがひどい場合〉
しっかり焼けて赤くなって痛みのある場合は、お肌がやけど状態!水ぶくれができたりあまりにも状態がひどい場合は、冷やして皮膚科を受診しましょう。

〈ほてりのある場合〉
ほてりのみであれば、冷水でしばらく冷やし肌へ負担を一切かけないよう注意!
いろいろなケア用品を使わず、刺激のない保湿ケアに徹底します。コットンやパッティングも肌への負担になりますので、優しく手で包み込むように化粧水でたっぷり保湿し、クリームで蓋をします。化粧水がしみる場合は無理して付けず、軟膏を塗りましょう。

〈ほてりなどもあまりないうっかり日焼けの場合〉
ほてりなどもあまりなく、ただ紫外線を浴びてしまったなという場合も無駄に手を加えるのはNG。低刺激の化粧水でたっぷり保湿し、クリームで蓋をします。この時も化粧水は手で付けるのがベスト。

〈日焼け時の注意点〉
日焼けをすると、お肌のバリア機能が著しく低下するため、肌は角質層を分厚くして肌を守ろうとします。実際お肌のごわつきが気になりますが、日焼けから1週間程度は角質ケアは我慢が基本!角質ケアを早くから行ってしまうと未熟な角質がむき出しになり、さらにバリア機能を低下させてしまいます。

また、慌てて美白ケアに踏み出すのもやめましょう。
美白ケア用品の中にはターンオーバーを促進する成分が入っていることがある他、美白成分自体が刺激になり、ヒリヒリしたりかゆくなってしまうことが多いです。例えば美白に効果があると人気のビタミンC誘導体などは、皮脂の分泌を抑制する作用もあり、さらに乾燥を進めてしまうことになります。美白ケアも焦らず、肌状態が回復してからゆっくり取り入れていきましょう。まずは刺激を与えず保湿に徹することを忘れずに!

  • 残暑肌の特徴

残暑肌の状態は紫外線により角質層が分厚くなり、ごわごわしてくすみがち。

また、紫外線と冷房による乾燥で内部はカサカサ状態なものの、暑さで発汗が多く、乾燥から皮脂の分泌も増え、ベタベタして一見オイリーな状態に。全体的に免疫力が下がり、トラブルが起こりやすくなります。
残暑肌は大きく以下のポイントがあります。

  1. 毛穴の黒ずみ・開きが目立つ
  2. 皮脂の分泌が多い
  3. ごわごわしてくすむ
  4. ニキビや吹き出物ができやすい
  5. しわが増える
  6. 化粧のりが悪い
  • 秋肌をきれいに迎える!残暑肌の正しいケア法

〈日焼けから一週間以上経っているのであれば…〉
まずは角質ケアをしましょう!夏に分厚くなった角質がそのままでは、どんなケアをしてもなかなか浸透させることができません。日焼けから日が経って肌状態が落ち着いているようであれば、不要な角質を取るためのケアをプラス。刺激が気になるようであればマイルドにターンオーバーを促せるふき取り化粧水や、ピーリング効果のある洗顔などを用いましょう。日焼けして1週間以内のピーリングはNGです。

〈肌を柔らかくしてリラックス!〉
ホットタオルで毛穴を開いたり、ゆっくり湯船に使って肌をじっくり温めて柔らかくしましょう。保湿前にお肌を柔らかくすると、浸透が良くなります。先行乳液や先行美容液など肌を柔らかくするアイテムを使用するのも◎

〈化粧水での保湿はマスト!〉
たっぷりの化粧水でお肌に水分を与えましょう。日焼けしたばかりの場合は優しく手で付けます。最近日焼けをしたわけではないのであれば、ムラなく浸透させることができるコットンを使った保湿がおすすめ。この時期は特に、化粧水の2度付けをすると、よりたっぷり水分を与えられるので残暑肌改善に効果的です。一度しっかり浸透させた後、優しく手のひらで押し込み、再度化粧水を付けましょう。

〈スペシャルケアにフェイスマスクを!〉
週に1~2回程度フェイスマスクを使用するのも◎。フェイスマスクを使用するからと、化粧水をしない方が多いようですがそれはNG。化粧水であらかじめ保湿をした後にフェイスマスクを使わなくては、あまりスペシャルケアの意味はありませんよ。顔にのせておく時間はしっかり記載の時間を守りましょう。

〈「クリームで蓋」ここまでがスキンケア!〉
べたつくからとクリームを省く方が多いですが…絶対NG!どんなに念入りに化粧水で水分を補っても、ふたをしなければどんどん蒸発してしまいます。水分は乾燥している方へ移動してしまうものなので、どんなに押し込んだつもりでも水分は抜けていきます。クリームを省くと、より肌の乾燥は進んで、結果的に化粧水をつける前より乾燥します。朝晩必ず化粧水後にはクリームで蓋をしましょう。クリームにはテクスチャーが様々ありますので、好みの物を見つけてみてください!


残暑肌のお手入れこそ、秋のお肌の美しさを決めます。まだまだ10月くらいまでは紫外線も強いので、日焼け止めも忘れずに。

たくさん楽しんだ肌には相応のケアが必要。夏疲れ知らずのピンと張ったウルツヤ肌を目指しましょう!