【2017秋メイク】トレンドカラー・メイク法を部位別にご紹介


2017年秋メイクのトレンドをご紹介!コスメカウンターはもうすっかり秋色♡まだまだ暑さは継続中ですが、メイクから秋のエッセンスを少しずつ取り入れていきませんか?秋コスメも女心をくすぐる絶妙なカラーが勢ぞろいです!パーツごとに2017年秋のポイントを抑えていきましょう。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 2017年、秋メイクの特徴は??

秋のメイクと言えば、毎年気になるのがマットでシックな大人カラー。夏のポップでジューシーな印象のメイクからは打って変わった雰囲気になるので、いつまでも夏メイクでは季節に置いて行かれてしまいます!

まだまだ暑くなかなか秋服にシフトチェンジできなくても、メイクなら気軽に秋を取り入れられられるので、今からチェックしておきましょう。

2017年秋のトレンドは、ややマットで大人シックな印象。メイクでは特に「立体感」と「洗練された抜け感」を意識しましょう!

  • トレンドカラーを抑えよ!

秋のカラーと言えば、ボルドーやカーキ、ブラウンなど、秋らしさの詰まった色味が注目されますよね。

2017年秋も、温かみがありながら深く落ち着いた色味のアイテムが勢ぞろい!中でもリップは女性らしい強さを感じさせるようなディープカラーが注目です。

アイシャドウでは、バーガンディーやボルドーなどブラウンを混ぜたような深みのある暖色系カラーはもちろん、今季は対照的な寒色系カラーも多数登場!
シルバーグレーやチャコールグレーをはじめ、ダークネイビー、モスグリーンなど挑戦カラーで冒険してみるのもおすすめです。

  • ベース・チーク・眉編

〈ベースメイク〉
ベースメイクでは、夏同様ツヤ肌人気も続きますが、秋らしいセミマットな質感も注目。

ツヤ肌と言っても、夏のようなジューシーな印象からはややシフトし、素肌感を残したナチュラルなもの。ハイライトやツヤの出る下地を部分的に仕込み、立体感を意識してツヤを出すと今季らしい肌がつくれます。

〈チーク〉
チークは肌なじみの良いカラーがおすすめ。ベージュやブロンズ、ブラウンなど肌に馴染む大人なカラーが◎

ベースメイクとチークで光と影を演出すると、「立体感」がつくれます。

〈眉〉
眉では引き続き「自然な眉」がトレンド。太くもなく細くもなく、毛流れが見えるような健康的な眉がトレンド。ナチュラル眉ブームに合わせ、眉育も大注目されていますよね!

アイラインのような筆のアイブロウで細く毛を書き足して、ナチュラルな毛流れをつくることも多いです。眉毛がないという方は、この機会にぜひ眉育を始めてみて!

  • アイメイク・リップ編

〈アイメイク〉
アイシャドウではスモーキーな大人カラーが注目。上記でトレンドカラーとしてもご紹介しましたが、暖色だけでなく、寒色系のカラーアイテムも多数出ています。暖色だとモードでレディな印象に、寒色だとシックでクールな印象がつくれますが、どちらも今季らしさが溢れます。

アイラインはしっかりめに引くのが今どき。上だけでなく、下まぶたにも忍ばせるとマットなアイシャドウと相性◎。上下ともにアイラインで囲ってしまうと、目が小さく見えたりきつく見えてしまうことがあるので、ちょっと注意。上はアイラインで、下はアイシャドウでなどうまく使い分けるとなじみます。

〈リップ〉
リップではセミマット~マットアイテムを用いると簡単に秋らしさを演出できます。ツヤの出るものも、べたべたと光るグロスというよりは、トロっとしたツヤの出るクリーミーなものだと◎

ボルドーなどやや黒みがかったリップカラーに挑戦しにくいという方は、染めづけティント風のアイテムをチョイス!シアーな色味で肌にもなじみやすく、深めの秋カラーも取り入れやすいですよ。


秋のトレンドを部位別にご紹介しました!

秋らしさはメイクから少しずつ取り入れて、トレンド顔を目指しましょう!


2017年秋メイクのトレンドをご紹介!コスメカウンターはもうすっかり秋色♡まだまだ暑さは継続中ですが、メイクから秋のエッセンスを少しずつ取り入れていきませんか?秋コスメも女心をくすぐる絶妙なカラーが勢ぞろいです!パーツごとに2017年秋のポイントを抑えていきましょう。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 2017年、秋メイクの特徴は??

秋のメイクと言えば、毎年気になるのがマットでシックな大人カラー。夏のポップでジューシーな印象のメイクからは打って変わった雰囲気になるので、いつまでも夏メイクでは季節に置いて行かれてしまいます!

まだまだ暑くなかなか秋服にシフトチェンジできなくても、メイクなら気軽に秋を取り入れられられるので、今からチェックしておきましょう。

2017年秋のトレンドは、ややマットで大人シックな印象。メイクでは特に「立体感」と「洗練された抜け感」を意識しましょう!

  • トレンドカラーを抑えよ!

秋のカラーと言えば、ボルドーやカーキ、ブラウンなど、秋らしさの詰まった色味が注目されますよね。

2017年秋も、温かみがありながら深く落ち着いた色味のアイテムが勢ぞろい!中でもリップは女性らしい強さを感じさせるようなディープカラーが注目です。

アイシャドウでは、バーガンディーやボルドーなどブラウンを混ぜたような深みのある暖色系カラーはもちろん、今季は対照的な寒色系カラーも多数登場!
シルバーグレーやチャコールグレーをはじめ、ダークネイビー、モスグリーンなど挑戦カラーで冒険してみるのもおすすめです。

  • ベース・チーク・眉編

〈ベースメイク〉
ベースメイクでは、夏同様ツヤ肌人気も続きますが、秋らしいセミマットな質感も注目。

ツヤ肌と言っても、夏のようなジューシーな印象からはややシフトし、素肌感を残したナチュラルなもの。ハイライトやツヤの出る下地を部分的に仕込み、立体感を意識してツヤを出すと今季らしい肌がつくれます。

〈チーク〉
チークは肌なじみの良いカラーがおすすめ。ベージュやブロンズ、ブラウンなど肌に馴染む大人なカラーが◎

ベースメイクとチークで光と影を演出すると、「立体感」がつくれます。

〈眉〉
眉では引き続き「自然な眉」がトレンド。太くもなく細くもなく、毛流れが見えるような健康的な眉がトレンド。ナチュラル眉ブームに合わせ、眉育も大注目されていますよね!

アイラインのような筆のアイブロウで細く毛を書き足して、ナチュラルな毛流れをつくることも多いです。眉毛がないという方は、この機会にぜひ眉育を始めてみて!

  • アイメイク・リップ編

〈アイメイク〉
アイシャドウではスモーキーな大人カラーが注目。上記でトレンドカラーとしてもご紹介しましたが、暖色だけでなく、寒色系のカラーアイテムも多数出ています。暖色だとモードでレディな印象に、寒色だとシックでクールな印象がつくれますが、どちらも今季らしさが溢れます。

アイラインはしっかりめに引くのが今どき。上だけでなく、下まぶたにも忍ばせるとマットなアイシャドウと相性◎。上下ともにアイラインで囲ってしまうと、目が小さく見えたりきつく見えてしまうことがあるので、ちょっと注意。上はアイラインで、下はアイシャドウでなどうまく使い分けるとなじみます。

〈リップ〉
リップではセミマット~マットアイテムを用いると簡単に秋らしさを演出できます。ツヤの出るものも、べたべたと光るグロスというよりは、トロっとしたツヤの出るクリーミーなものだと◎

ボルドーなどやや黒みがかったリップカラーに挑戦しにくいという方は、染めづけティント風のアイテムをチョイス!シアーな色味で肌にもなじみやすく、深めの秋カラーも取り入れやすいですよ。


秋のトレンドを部位別にご紹介しました!

秋らしさはメイクから少しずつ取り入れて、トレンド顔を目指しましょう!