〈秋肌レスキュー〉秋の3大天敵「乾燥・角質・くすみ」を秋の味覚とケアで解消!


楽しかった夏が終わり、季節は秋。夏バテが落ち着き食欲が戻ってきたり、汗ばむこともなくなり、過ごしやすさを感じる方は多いのではないでしょうか。そんな気持ちとは裏腹に、お肌の調子がだだ下がりで悩まれる方が多いのも秋。突然のひどい乾燥はなに!?秋肌の原因を解明して、「食欲の秋」という波に乗りながらケアを考えていきましょう。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 秋のお肌は1年で1番ゆらぐ?!

季節の変わり目はお肌が揺らぐもの。特に春と秋は花粉症が出る方も多く、お肌がかゆかったりしますよね。特に日本人はスギの花粉症の方が多いので、春の肌荒れが気になる方が多いというのは想像が付きますが…。実はそんな春を超えて肌荒れレベルが上がるのが秋なんです。

  • お肌がゴワゴワする
  • くすんでいる
  • 顔色が汚い
  • メイクのりが悪い
  • やけに乾燥する
  • シミが増えた
  • しわが増えた

などなど、お肌の変化に気づかれる方がとても多いんです。

  • 秋の肌荒れ原因は夏にあり!

楽しいイベント盛りだくさんの夏が終わり、涼しくなってくると気になるのがお肌の乾燥。冬が近づいているから?と真っ先に思ってしまいますが、実はすべては「夏の肌疲れ」にあるんです。
確かに夏は湿度が高く、秋に差し掛かると高かった湿度も落ち着きますが、お肌に突然大きな影響が出るほどがくんと下がるわけではありませんよね。

夏の肌疲れは、紫外線の他にも原因があるんですよ。

  • スキンケア、やや怠りませんでしたか?
  • 夏バテしていませんでしたか?

ドキッとした方、来年の夏からはちょと意識してみてくださいね。夏は湿度も気温も高く、汗をかきやすいため、お肌が潤っていると「勘違い」されがち。

お風呂上り汗が止まらないからと、扇風機の前でかなりの時間を過ごしてからスキンケアを始めたり、ベタつくからとクリームなどのスキンケア工程を省いたり、皮脂が気になって脂取り紙を多用したり…。
夏はいつも以上に紫外線を浴びていますから、むしろ乾燥しやすいと言えます。さらに汗をかくことで一緒に皮脂も流れます。夏はとくに乾燥対策が必要だったんです。

また夏バテから必要な栄養素が取れていなかったり、夏バテによる偏食で偏った食生活になりがちなことも肌荒れの原因となります。
受けるダメージが大きいにもかかわらず、ケアも手抜きになりがちなうえ、回復しようにも栄養不足で満足に栄養が行き届かない。まさに過酷な状態で1シーズン過ごした夏終わりのお肌は、ひどいお疲れ状態。1年で1番とあぶるが起こりやすいんです。

  • 秋の敵は、「乾燥・角質・くすみ」

まず、夏に一番ダメージを与えるのが紫外線。お肌の奥まで影響を与えるので、奥からダメージを作ることは有名ですよね。光老化と言うワードもありますが、活性酸素を増やして見た目年齢もグンと上げます。

紫外線はメラニンを増殖させシミを作るだけでなく、お肌の保湿成分を破壊し乾燥させ、たるみやしわまで作ります。また、紫外線の影響でバリア機能が弱くなるため、お肌は角質を分厚くして守ろうと働きます。角質が分厚くなったままではもちろんゴワゴワしますし、お化粧のノリも悪くなってしまうもの。

お肌のくすみの中でも、秋のお肌は黄みが強くくすみます。紫外線や古い角質も原因の一つですが、気温低下による血行不良も原因に。お肌の温度が下がると血流が悪くなり、血色が悪くなるので透明感も失われてしまいます。

まさに秋の敵は乾燥・角質・くすみ。この3つのケアが重要です。

〈乾燥対策〉
たっぷりの化粧水で潤し、最後の仕上げには必ずクリームで蓋をしましょう。化粧水を浸透させた後、再度化粧水を用いる化粧水の2度付けや、スペシャルケアで化粧水の後にフェイスマスクを+αするのもおすすめです。

〈角質対策〉
分厚い角質は、角質ケアでしっかりオフします。いきなり全てを取り除くのでは肌に負担がかかりますので、少しずつ優しくがおすすめ。ふき取り専用化粧水で1日1回夜のみ角質ケアをプラスしましょう。ふき取り化粧水は保湿用ではないということを忘れないで。ふき取り後は保湿化粧水で潤すことが必要です。無駄な角質がなくなることで浸透力もUPしますよ。朝も使いたい場合は、洗顔の代わりにふき取り化粧水を使ったケアで済ませるのも◎

〈くすみ対策〉
角質ケアに加え、血行を良くすることが必要です。湯船に浸かってお肌を温めたり、ホットタオルで血行を促進しましょう。マッサージを取り入れて、顔の筋肉からほぐしてあげるのも、顔の凝り解消効果も加わり血行が促進されますよ。

  • 秋の食材は美容食!食欲の秋で美肌を目指す

上記の基本的なケアに合わせて、お肌の喜ぶ栄養素を取って内側からケアしていくこともとても大切!せっかくの「食欲の秋」ですから、美容効果の高い秋の食材でおいしくきれいを目指しましょう。

秋と言えばサンマ!
サンマは秋の味覚の代表格。お肌の喜ぶビタミン類をはじめ、レチノールという新しい細胞の生成を促す成分が豊富です。レチノールは特にわたの部分に多いんだそう!

アンチエイジングには秋鮭!
アスタキサンチンという抗酸化作用のある成分が豊富なのが鮭。また、良質なタンパク質でもあるため、お肌の栄養になります。

キノコ類でお腹の中からきれいに!
水溶性食物繊維に分類されるキノコ類は、整腸効果が◎。便秘がちな女性を助けてくれます。また、糖質も脂質も気にせず摂取できるのでダイエッターの強い見方でもあります。

秋のフルーツも強い味方!
秋においしいフルーツもたくさんありますよね。ブドウはポリフェノールやアントシアニンが豊富で、アンチエイジングに効果的。柿は優秀で、一つで1日に必要なビタミンCのほとんどが摂取できる果物としても有名です。ハリツヤ・アンチエイジング・メラニン排出・むくみ解消効果も。

サツマイモ・栗にも嬉しい成分が!
お芋は太ると思っている方、サツマイモなら安心です。ビタミンCが豊富なうえ、ヤラピンという成分は腸の運動を助け、スムーズな排便を促します。栗も小さな見かけによらず栄養満点。ビタミンや食物繊維等が豊富で、肌のくすみにも効果があります。


夏を過ごしたお疲れ肌には、外からのケアだけでなく中からのケアもとても大切!

中からのケアは、栄養素を取り入れるケアだけでなく、不要なものをすっきり出すことも重要です。秋の味覚にはどちらも叶えてくれるような食材がたくさん!美容食の宝庫ですよ♪

外と中、どちらのケアもバランス良く意識し、夏疲れを払拭しましょう!


楽しかった夏が終わり、季節は秋。夏バテが落ち着き食欲が戻ってきたり、汗ばむこともなくなり、過ごしやすさを感じる方は多いのではないでしょうか。そんな気持ちとは裏腹に、お肌の調子がだだ下がりで悩まれる方が多いのも秋。突然のひどい乾燥はなに!?秋肌の原因を解明して、「食欲の秋」という波に乗りながらケアを考えていきましょう。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 秋のお肌は1年で1番ゆらぐ?!

季節の変わり目はお肌が揺らぐもの。特に春と秋は花粉症が出る方も多く、お肌がかゆかったりしますよね。特に日本人はスギの花粉症の方が多いので、春の肌荒れが気になる方が多いというのは想像が付きますが…。実はそんな春を超えて肌荒れレベルが上がるのが秋なんです。

  • お肌がゴワゴワする
  • くすんでいる
  • 顔色が汚い
  • メイクのりが悪い
  • やけに乾燥する
  • シミが増えた
  • しわが増えた

などなど、お肌の変化に気づかれる方がとても多いんです。

  • 秋の肌荒れ原因は夏にあり!

楽しいイベント盛りだくさんの夏が終わり、涼しくなってくると気になるのがお肌の乾燥。冬が近づいているから?と真っ先に思ってしまいますが、実はすべては「夏の肌疲れ」にあるんです。
確かに夏は湿度が高く、秋に差し掛かると高かった湿度も落ち着きますが、お肌に突然大きな影響が出るほどがくんと下がるわけではありませんよね。

夏の肌疲れは、紫外線の他にも原因があるんですよ。

  • スキンケア、やや怠りませんでしたか?
  • 夏バテしていませんでしたか?

ドキッとした方、来年の夏からはちょと意識してみてくださいね。夏は湿度も気温も高く、汗をかきやすいため、お肌が潤っていると「勘違い」されがち。

お風呂上り汗が止まらないからと、扇風機の前でかなりの時間を過ごしてからスキンケアを始めたり、ベタつくからとクリームなどのスキンケア工程を省いたり、皮脂が気になって脂取り紙を多用したり…。
夏はいつも以上に紫外線を浴びていますから、むしろ乾燥しやすいと言えます。さらに汗をかくことで一緒に皮脂も流れます。夏はとくに乾燥対策が必要だったんです。

また夏バテから必要な栄養素が取れていなかったり、夏バテによる偏食で偏った食生活になりがちなことも肌荒れの原因となります。
受けるダメージが大きいにもかかわらず、ケアも手抜きになりがちなうえ、回復しようにも栄養不足で満足に栄養が行き届かない。まさに過酷な状態で1シーズン過ごした夏終わりのお肌は、ひどいお疲れ状態。1年で1番とあぶるが起こりやすいんです。

  • 秋の敵は、「乾燥・角質・くすみ」

まず、夏に一番ダメージを与えるのが紫外線。お肌の奥まで影響を与えるので、奥からダメージを作ることは有名ですよね。光老化と言うワードもありますが、活性酸素を増やして見た目年齢もグンと上げます。

紫外線はメラニンを増殖させシミを作るだけでなく、お肌の保湿成分を破壊し乾燥させ、たるみやしわまで作ります。また、紫外線の影響でバリア機能が弱くなるため、お肌は角質を分厚くして守ろうと働きます。角質が分厚くなったままではもちろんゴワゴワしますし、お化粧のノリも悪くなってしまうもの。

お肌のくすみの中でも、秋のお肌は黄みが強くくすみます。紫外線や古い角質も原因の一つですが、気温低下による血行不良も原因に。お肌の温度が下がると血流が悪くなり、血色が悪くなるので透明感も失われてしまいます。

まさに秋の敵は乾燥・角質・くすみ。この3つのケアが重要です。

〈乾燥対策〉
たっぷりの化粧水で潤し、最後の仕上げには必ずクリームで蓋をしましょう。化粧水を浸透させた後、再度化粧水を用いる化粧水の2度付けや、スペシャルケアで化粧水の後にフェイスマスクを+αするのもおすすめです。

〈角質対策〉
分厚い角質は、角質ケアでしっかりオフします。いきなり全てを取り除くのでは肌に負担がかかりますので、少しずつ優しくがおすすめ。ふき取り専用化粧水で1日1回夜のみ角質ケアをプラスしましょう。ふき取り化粧水は保湿用ではないということを忘れないで。ふき取り後は保湿化粧水で潤すことが必要です。無駄な角質がなくなることで浸透力もUPしますよ。朝も使いたい場合は、洗顔の代わりにふき取り化粧水を使ったケアで済ませるのも◎

〈くすみ対策〉
角質ケアに加え、血行を良くすることが必要です。湯船に浸かってお肌を温めたり、ホットタオルで血行を促進しましょう。マッサージを取り入れて、顔の筋肉からほぐしてあげるのも、顔の凝り解消効果も加わり血行が促進されますよ。

  • 秋の食材は美容食!食欲の秋で美肌を目指す

上記の基本的なケアに合わせて、お肌の喜ぶ栄養素を取って内側からケアしていくこともとても大切!せっかくの「食欲の秋」ですから、美容効果の高い秋の食材でおいしくきれいを目指しましょう。

秋と言えばサンマ!
サンマは秋の味覚の代表格。お肌の喜ぶビタミン類をはじめ、レチノールという新しい細胞の生成を促す成分が豊富です。レチノールは特にわたの部分に多いんだそう!

アンチエイジングには秋鮭!
アスタキサンチンという抗酸化作用のある成分が豊富なのが鮭。また、良質なタンパク質でもあるため、お肌の栄養になります。

キノコ類でお腹の中からきれいに!
水溶性食物繊維に分類されるキノコ類は、整腸効果が◎。便秘がちな女性を助けてくれます。また、糖質も脂質も気にせず摂取できるのでダイエッターの強い見方でもあります。

秋のフルーツも強い味方!
秋においしいフルーツもたくさんありますよね。ブドウはポリフェノールやアントシアニンが豊富で、アンチエイジングに効果的。柿は優秀で、一つで1日に必要なビタミンCのほとんどが摂取できる果物としても有名です。ハリツヤ・アンチエイジング・メラニン排出・むくみ解消効果も。

サツマイモ・栗にも嬉しい成分が!
お芋は太ると思っている方、サツマイモなら安心です。ビタミンCが豊富なうえ、ヤラピンという成分は腸の運動を助け、スムーズな排便を促します。栗も小さな見かけによらず栄養満点。ビタミンや食物繊維等が豊富で、肌のくすみにも効果があります。


夏を過ごしたお疲れ肌には、外からのケアだけでなく中からのケアもとても大切!

中からのケアは、栄養素を取り入れるケアだけでなく、不要なものをすっきり出すことも重要です。秋の味覚にはどちらも叶えてくれるような食材がたくさん!美容食の宝庫ですよ♪

外と中、どちらのケアもバランス良く意識し、夏疲れを払拭しましょう!