~毛穴ケアの効果がない・肌トラブルを起こしてしまう人へ~毛穴ケアが毛穴肌を作っている可能性アリ!


毛穴が気になるというお肌の悩みを持たれている方は多いですよね。毛穴ケアを調べると、皮脂のケアや角質のケア情報が満載。その通りにケアをしてみた結果、なんだか皮脂分泌が増えた?化粧のりが悪い気がするんだけど…!書いてある通りにやったのにどうしてうまくいかないの?そんな疑問にお答えします。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 毛穴ケアで肌状態が悪くなる?!

毛穴に年中悩まされている、何年も悩まされているという方はとっても多いもの。

そのお悩みは、詰まった毛穴や、酸化して黒ずんだ毛穴、年齢肌で落ちくぼんだり拡張して目立ちやすくなってしまった毛穴など、種類も豊富。どの毛穴悩みにも共通しているのが、毛穴が目立つ・毛穴が詰まるというお悩みです。

毛穴ケアの記事はネット上でもよく目にしますよね。毛穴に詰まったものは角栓と呼ばれ、何から作られているかというと、皮脂と角質が混じって作られる。…と、ここまでは広く知られています。

記事で読んだ通り、角栓の原因となる皮脂と角質のケアに力を入れていみたところ…

  • 皮脂の分泌が増えた?!
  • キメがなくなっておでこなどが光って見える!
  • 朝メイクをしたとき、なじみが悪く浮く感じ
  • なじみも悪いからか昼間から化粧が崩れしている
  • ヒリヒリするところがある

なんてトラブルを起こしてしまう方が続出!なぜ読んだ通りのケアをしているのに思った通りの効果が出ないのでしょうか?

  • 毛穴ばかりに着目するのは危険!

小鼻や額をはじめ、特にTゾーンは顔の中心でもあるためどうしても毛穴が気になるもの。一番目につきやすいからと、最優先にしがちですが、毛穴ばかりに着目したケアはちょっと危険。

例えば、Tゾーンはとてもオイリーに見えても、頬は乾燥しがちという方は多いですよね。顔は部分的に肌質が違うことがほとんど。顔全体に同じケアをしてしまうのはナンセンスだったりもします。

また、ケアをする時期もとても重要。お肌は年中同じ状態ではないですし、女性の場合はホルモンバランスの影響も大きく受けます。免疫力の低下でも肌のバリア機能も落ちてしまうことがありますよね。毛穴ケアとして世に出回っているケアは皮脂と角質のケア。どちらもかなり攻めの美容となるため、免疫力が落ちたり状態が万全ではないお肌にとっては大きな負担となります。

  • 毛穴ケアは細心の注意のうえ行うべし!

 

上記の通り、毛穴のためのケアとして行われる皮脂と角質のケアは攻めの美容。まずは時期と頻度を見定めて行いましょう。

おすすめできない時期:季節の変わり目(特に夏→秋)・生理前後(人によっては排卵期も)・体調の優れない時

季節の変わり目は特にお肌が揺らぎやすい時期です。
中でも夏から秋は要注意。毛穴が一番気になる時期ではありますが、この時期のお肌はインナードライになってしまっている場合が多く、毛穴ケアを優先することによって肌状態を悪くしてしまいます。皮脂過剰が悪化し、メイクのりが悪くなったりメイク崩れがひどくなるということが起こります。
また、肌がきれいになったと勘違いなさる方が多いのですが、キメが見えずつるっつるのお肌はビニール肌と呼ばれ、肌トラブルに分類されます。インナードライ肌の典型症状となりますので、心当たりのある方はチェックしてみてくださいね。

ビニール肌についてはこちらで詳しくご紹介しています。
参考:ツルピカお肌がいいとは限らない!不自然にキメのないビニール肌にご用心!

また、生理前後と人によっては排卵日付近もホルモンバランスによってお肌が荒れやすいです。上記の「おすすめできない時期」は、毛穴ケアは避けるか、どうしても取り入れたい場合は状態を見つつ、頻度を落とし、なるべく負担の少ない角質ケアで留めましょう。

  • 必要なケアを忘れないで!

特に忘れてはいけないケアが保湿!毛穴が気になっていても、毛穴ケアをしていても、保湿のケアは必ず必要です。

例えば、上記でも「最も毛穴が気になる時期」としてご紹介した”夏→秋”頃のお肌。なぜ特に毛穴が気になってしまうのかと言うと、季節的なダメージが原因です。

夏の強い紫外線を浴びた肌は、お肌を守ろうと角質を厚くします。そして夏は汗もかくので皮脂が気になりますよね。もちろん皮脂と角質という条件が揃い、角栓はできやすくなります。

しかし、夏のお肌は見落とされた乾燥によってインナードライ肌(オイリーに見えて肌内部がひどく乾燥している状態)に陥っていることがほとんど。インナードライは、れっきとした乾燥の部類ですので、皮脂ケアはご法度。

そこへ毛穴のケアをしてしまうことで、お肌の乾燥は進み、肌状態は理想とかけ離れたものになってしまうわけです…。
先ほど、毛穴ケアは攻めの美容とご紹介しましたが、保湿ケアはいわゆる守りの美容。普段は守りの美容(保湿)が基本になりますし、攻めても守りは必ず必要。”夏→秋”のお肌には保湿がもっとも重要となり、保湿のケアは入念に行いながら、そのうえで毛穴ケアをタイミングと頻度を見極めて取り入れるというのが正解なんです。

  • 「ターンオーバーが遅れる」というワードの落とし穴

分厚くなった角質も、ターンオーバーが遅れているようであれば角質ケアが必要にはなりますが、そもそもターンオーバーは若い方で28日かかると言われています。

年齢によってはこの期間が35日、40日とどんどん長くなっていきますが、これは代謝自体が遅くなることが原因。古い角質がはがれるのが遅れるだけでなく、新しい角質層の生成も遅れているわけなので、角質ケアで無理やり角質をはがしたとしても、その下の角質層が出来上がることを早めることはできず、未熟な状態の角質をむき出しにしてしまうことになります。

未熟な角質層はもちろん乾燥しやすくバリア機能も弱いため、新たな肌トラブルがどんどん生まれます。また、もろくはがれやすいため、古い角質が溜まったような状態になり、皮脂と混じって角栓を作る…。まさにこれは負のサイクル以外の何物でもありませんよね!

ビニール肌のような気がする・角質ケアに躍起になっていた・コスメが好きであらゆる美容法を試している・化粧のりが悪い気がするという方などは、一度1か月半~2か月程度角質ケアをお休みしてみるのも一つの美容法です。このサイクルにハマってしまっている可能性のある方は、早めに角質に触らない「何もしないケア」でベーシックな保湿ケアに勤しんでみてくださいね。


「何もしないケア」をご紹介しましたが、一般的には角質培養などとも言われていますよね。いつもケアをしていた方にとっては2か月も触らないなんて!と驚かれるかもしれませんし、確かに角質培養中更に毛穴が気になりやすく、新たなトラブルが起こることもあります。

しかし、そんな肌にしてしまったのは行き過ぎたケア。しっかり肌と向き合うためにも、この負のサイクルから抜け出すためにも、正しい知識で毛穴ケアを認識し、正しい方法で行いましょう!


毛穴が気になるというお肌の悩みを持たれている方は多いですよね。毛穴ケアを調べると、皮脂のケアや角質のケア情報が満載。その通りにケアをしてみた結果、なんだか皮脂分泌が増えた?化粧のりが悪い気がするんだけど…!書いてある通りにやったのにどうしてうまくいかないの?そんな疑問にお答えします。(AMERI*TALIKA編集部)

  • 毛穴ケアで肌状態が悪くなる?!

毛穴に年中悩まされている、何年も悩まされているという方はとっても多いもの。

そのお悩みは、詰まった毛穴や、酸化して黒ずんだ毛穴、年齢肌で落ちくぼんだり拡張して目立ちやすくなってしまった毛穴など、種類も豊富。どの毛穴悩みにも共通しているのが、毛穴が目立つ・毛穴が詰まるというお悩みです。

毛穴ケアの記事はネット上でもよく目にしますよね。毛穴に詰まったものは角栓と呼ばれ、何から作られているかというと、皮脂と角質が混じって作られる。…と、ここまでは広く知られています。

記事で読んだ通り、角栓の原因となる皮脂と角質のケアに力を入れていみたところ…

  • 皮脂の分泌が増えた?!
  • キメがなくなっておでこなどが光って見える!
  • 朝メイクをしたとき、なじみが悪く浮く感じ
  • なじみも悪いからか昼間から化粧が崩れしている
  • ヒリヒリするところがある

なんてトラブルを起こしてしまう方が続出!なぜ読んだ通りのケアをしているのに思った通りの効果が出ないのでしょうか?

  • 毛穴ばかりに着目するのは危険!

小鼻や額をはじめ、特にTゾーンは顔の中心でもあるためどうしても毛穴が気になるもの。一番目につきやすいからと、最優先にしがちですが、毛穴ばかりに着目したケアはちょっと危険。

例えば、Tゾーンはとてもオイリーに見えても、頬は乾燥しがちという方は多いですよね。顔は部分的に肌質が違うことがほとんど。顔全体に同じケアをしてしまうのはナンセンスだったりもします。

また、ケアをする時期もとても重要。お肌は年中同じ状態ではないですし、女性の場合はホルモンバランスの影響も大きく受けます。免疫力の低下でも肌のバリア機能も落ちてしまうことがありますよね。毛穴ケアとして世に出回っているケアは皮脂と角質のケア。どちらもかなり攻めの美容となるため、免疫力が落ちたり状態が万全ではないお肌にとっては大きな負担となります。

  • 毛穴ケアは細心の注意のうえ行うべし!

 

上記の通り、毛穴のためのケアとして行われる皮脂と角質のケアは攻めの美容。まずは時期と頻度を見定めて行いましょう。

おすすめできない時期:季節の変わり目(特に夏→秋)・生理前後(人によっては排卵期も)・体調の優れない時

季節の変わり目は特にお肌が揺らぎやすい時期です。
中でも夏から秋は要注意。毛穴が一番気になる時期ではありますが、この時期のお肌はインナードライになってしまっている場合が多く、毛穴ケアを優先することによって肌状態を悪くしてしまいます。皮脂過剰が悪化し、メイクのりが悪くなったりメイク崩れがひどくなるということが起こります。
また、肌がきれいになったと勘違いなさる方が多いのですが、キメが見えずつるっつるのお肌はビニール肌と呼ばれ、肌トラブルに分類されます。インナードライ肌の典型症状となりますので、心当たりのある方はチェックしてみてくださいね。

ビニール肌についてはこちらで詳しくご紹介しています。
参考:ツルピカお肌がいいとは限らない!不自然にキメのないビニール肌にご用心!

また、生理前後と人によっては排卵日付近もホルモンバランスによってお肌が荒れやすいです。上記の「おすすめできない時期」は、毛穴ケアは避けるか、どうしても取り入れたい場合は状態を見つつ、頻度を落とし、なるべく負担の少ない角質ケアで留めましょう。

  • 必要なケアを忘れないで!

特に忘れてはいけないケアが保湿!毛穴が気になっていても、毛穴ケアをしていても、保湿のケアは必ず必要です。

例えば、上記でも「最も毛穴が気になる時期」としてご紹介した”夏→秋”頃のお肌。なぜ特に毛穴が気になってしまうのかと言うと、季節的なダメージが原因です。

夏の強い紫外線を浴びた肌は、お肌を守ろうと角質を厚くします。そして夏は汗もかくので皮脂が気になりますよね。もちろん皮脂と角質という条件が揃い、角栓はできやすくなります。

しかし、夏のお肌は見落とされた乾燥によってインナードライ肌(オイリーに見えて肌内部がひどく乾燥している状態)に陥っていることがほとんど。インナードライは、れっきとした乾燥の部類ですので、皮脂ケアはご法度。

そこへ毛穴のケアをしてしまうことで、お肌の乾燥は進み、肌状態は理想とかけ離れたものになってしまうわけです…。
先ほど、毛穴ケアは攻めの美容とご紹介しましたが、保湿ケアはいわゆる守りの美容。普段は守りの美容(保湿)が基本になりますし、攻めても守りは必ず必要。”夏→秋”のお肌には保湿がもっとも重要となり、保湿のケアは入念に行いながら、そのうえで毛穴ケアをタイミングと頻度を見極めて取り入れるというのが正解なんです。

  • 「ターンオーバーが遅れる」というワードの落とし穴

分厚くなった角質も、ターンオーバーが遅れているようであれば角質ケアが必要にはなりますが、そもそもターンオーバーは若い方で28日かかると言われています。

年齢によってはこの期間が35日、40日とどんどん長くなっていきますが、これは代謝自体が遅くなることが原因。古い角質がはがれるのが遅れるだけでなく、新しい角質層の生成も遅れているわけなので、角質ケアで無理やり角質をはがしたとしても、その下の角質層が出来上がることを早めることはできず、未熟な状態の角質をむき出しにしてしまうことになります。

未熟な角質層はもちろん乾燥しやすくバリア機能も弱いため、新たな肌トラブルがどんどん生まれます。また、もろくはがれやすいため、古い角質が溜まったような状態になり、皮脂と混じって角栓を作る…。まさにこれは負のサイクル以外の何物でもありませんよね!

ビニール肌のような気がする・角質ケアに躍起になっていた・コスメが好きであらゆる美容法を試している・化粧のりが悪い気がするという方などは、一度1か月半~2か月程度角質ケアをお休みしてみるのも一つの美容法です。このサイクルにハマってしまっている可能性のある方は、早めに角質に触らない「何もしないケア」でベーシックな保湿ケアに勤しんでみてくださいね。


「何もしないケア」をご紹介しましたが、一般的には角質培養などとも言われていますよね。いつもケアをしていた方にとっては2か月も触らないなんて!と驚かれるかもしれませんし、確かに角質培養中更に毛穴が気になりやすく、新たなトラブルが起こることもあります。

しかし、そんな肌にしてしまったのは行き過ぎたケア。しっかり肌と向き合うためにも、この負のサイクルから抜け出すためにも、正しい知識で毛穴ケアを認識し、正しい方法で行いましょう!